RMT (リアルマネートレード) オンラインゲーム通貨売買の専門サイト

パスワードをお忘れの方?

All Games

  1. info@rmtvip.jp
  2. -
  3. 03-4546-1716
リアルマネートレードサービスを利用する場合、ゲーム運営会社の方針によってはアカウントが停止となる可能性があります

RMT信長の野望 RMT

信長 RMT東南アジアの各地域で公式大会が行われているが
投稿日時:2013年09月03日
信長 RMTゲーミング大会主催サイトであるジャパンコンペティティブゲーミング(JCG)は、世界最大のオンラインプレイヤー人口を誇るPCゲーム『League of Legends』の世界大会『League of Legends Championship Series(LCS)』の年間優勝チームを決める決勝大会『World Championship』の日本語公式として配信を行うことが決定しました。
『League of Legends』公式大会を正式に配信する事は日本初となります。World Championshipの大会配信は、リアルタイムでの生放送と録画での公開を予定しています。
League of Legendsの公式大会。北米、ヨーロッパ、韓国、中国、東南アジアの各地域で公式大会が行われているが、特にRiot社が主催する北米とヨーロッパの大会をLCSと呼び、春・夏の2期で行われている。各期の優勝賞金が約500万円(50,000ドル)であることもさながら、LCSに出場する全チームプレイヤーはRiot Games社より報酬が出るプロチームであることも特徴となる。成績が低ければLCS参加資格を失うため、常にハイレベルな対戦が行われている。
LCSが各地域ごとで行われているのに対し、World Championshipは北米、ヨーロッパ、韓国、中国、東南アジア各地域の代表チームが集まってワールドチャンピオンを決める大会である。優勝賞金も約1億円(1,000,000ドル)となり、各地域のプライドをかけて戦うためファンの注目度も非常に高い。大会は多くの言語で配信され、決勝戦のチケットは即完売するほどの人気を誇る。